電子決算公告でインターネットで無料の決算公告 | 会社設立や法人設立なら、ブルドッグウォータ法務・会計事務所

URLを登記してインターネットで無料の決算広告

決算公告とは、定時株主総会の終結後遅滞なく、貸借対照表(大会社にあっては、貸借対照表及び損益計算書)を公に官報などの媒体により開示することをいいます。

すべての株式会社は、決算公告を行う義務があり(会社法440条)、決算公告を行わなかった場合は100万円以下の過料が取締役に課せられると規定されています。
決算公告は、従来は日刊新聞及び政府が発行している官報以外では行えませんでしたが、現在は、登記をすればインターネットでも行えるようになりました。

インターネットで決算公告のメリット

インターネットで決算公告をするメリットは、ほかの方法に比べて公告費用が安くて済む点と、ほかの方法より閲覧が容易であり情報開示の方法として優れているという点にあります。
日刊新聞(全国紙)の法定公告掲載料金は(天地2段・左右1/8 570,000円~百数十万円)、安価な官報による決算公告の掲載料金でも中小会社(2枠:59,126円、3枠:88,689円)と、安いとはいえない状況でしたが、インターネット公告はほぼ無料といえます。

インターネットで決算公告するためには、決算公告を掲示するサイトのURLを登記しなければなりません。
設立後に行うと、変更登記が必要となりますので、登録免許税3万円や専門家に依頼した場合の手数料が必要となりますが、設立時であれば、登録免許税は、設立時に必要な登録免許税の範囲内で行えるため、メリットがあります

>>> 会社設立の知識-特集・記事一覧