資金調達方法の種類 | 会社設立や法人設立なら、ブルドッグウォータ法務・会計事務所

資金調達方法の種類

1.資金調達とは
資金調達とは、文字通り、資金を誰からから調達することです。
その方法には、少し専門用語となりますが、直接金融と間接金融という2種類に分けられます。
2.直接金融とは

直接金融とは、お金の出し手から直接資金を供給してもらうことをいいます。

お金を供給してもらった側(借り手)がお金を返さない場合の責任は、お金の出し手が直接、負います。

直接金融としての資金調達方法としては、以下のようなものがあります。
・創業者、創業者メンバーの縁故者による出資、借入
・ベンチャーキャピタルによる上場等を前提とした出資

・社債の発行

3.間接金融とは

間接金融とは、お金の出し手と借り手の間に銀行が仲介して融通する方法をいいます。

借り手がお金を返さない場合の責任は、銀行が負います。

間接金融としての資金調達方法としては、以下のようなものがあります。
・銀行借入(日本政策金融公庫と制度融資)