ベンチャーキャピタルによる出資 | 会社設立や法人設立なら、ブルドッグウォータ法務・会計事務所

ベンチャーキャピタルによる出資

資金調達の方法について知る-目次
資金調達方法の種類
銀行借入(日本政策金融公庫と制度融資)
ベンチャーキャピタルによる出資
社債(少人数私募債)の発行
1.ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルは、基本的には上場による売却益を目的として、上場前に出資をする投資会社をいいます。VC(ヴイシーと呼ぶこともあります。)


会社設立直後のシード、アーリーステージで投資する場合、ミッドステージや上場の手前のレイターステージに投資する場合と、投資する時期はベンチャーキャピタルの方針によって異なります。

日本のベンチャーキャピタル、特に金融機関系は、上場前のレイターステージの投資が主です。

技術やノウハウに多額の資金が必要な起業家が上場(IPO)目指すにあたり、ベンチャーキャピタルは重要な役割をになっていますが、上記のとおり、設立したてのシード、アーリーステージで投資を受けるのは非常に難しいのが現実です。

2.主なベンチャーキャピタル

日本の大手のベンチャーキャピタルは、以下のとおりです。

ジャフコ

大和SMBCキャピタル

オリックスキャピタル

東京中小企業投資育成

SBIインベストメント

など

その他、小規模のベンチャーキャピタルも多数あります。

3.ベンチャーキャピタルの選び方

ベンチャーキャピタルは大手であれば良いというものではありません。

資金だけでなく、経営、営業面のサポートで小回りのきく中小のベンチャーキャピタルが良いケースも多いです。

ベンチャーキャピタルに直接事業計画を持ち込んでも良いですが、会計事務所や証券会社、銀行など信頼できる人に紹介してもらう方が良いでしょう。

ベンチャーキャピタル側としては、数多くの案件が持ち込まれ、投資対象にならない案件がほとんどです。

投資話の前に、経営者が信頼できるかが、非常に重要です。その調査をすべての案件について行うことは現実的ではありませんので、信頼のおける人からの紹介を優先するのが理由です。

4.注意点

ベンチャーキャピタルから出資を受けるときの注意点としては、ベンチャーキャピタルの素性がまず大切です。
反社会勢力により、未上場企業だけでなく、上場企業でさえも乗っ取られている会社は多くあります。

ここでも、信頼できる人に紹介してもらうことが大切になってきます。

その他、ベンチャーキャピタルから出資を受けるということは、上場がゴールとなりますので、上場できない場合は、他社へ売却されたり、買取したりなど、何らかの責任を取る必要があります。