会社設立に必要な費用 | 会社設立や法人設立なら、ブルドッグウォータ法務・会計事務所

会社設立に必要な費用

費用について知る-目次
会社設立に必要な費用

登記費用4万円免除の方法
登記後に必要な費用

1.会社設立に必要な費用

会社設立にあたり、一般的に必要な費用をまとめました。

会社設立には、大きく以下の3種類の費用が必要です。


【会社設立に必要な費用】

費用項目 金額
登録免許税などの実費 約24万円(内訳
法人印鑑代 1万円から3万円
専門家への依頼費用 1万円から10万円
合計 26万円から37万円

 

登録免許税などの実費は、国や公証役場に支払う法定の必ずかかる費用です。内訳と内容はこちらをご覧ください。

法人印鑑は、法務局に届け出に必要な印鑑で、会社の実印となる印鑑です。登記には1本必ず必要になります。

専門家への依頼費用は、会社設立登記代行を専門家に依頼した場合にかかる費用です。

以下では、専門家への依頼費用について説明します。

2.専門家への依頼費用

一律料金で行っているところもありますが、設立までの日数が短いと作業負担が大きいので、これに合わせて料金設定しているところが多いようです。

近年、インターネット上では、価格競争により料金が下がってきていて、顧問契約セットで0円という例外を除けば、サービス内容に応じて1万円から10万円の範囲に設定されていることが多いようです。

インターネットを除いた、一般的な会社設立の手数料は、8万円から20万円くらいが相場のようです。

サービス内容によって異なりますが、きちんと会社毎の状況を把握し、アドバイスしながら会社設立の作業を行えば、1社設立するのに5時間から10時間くらい時間を掛ける必要があります。
料金とサービスの目安にするとよいでしょう。