会社設立に必要なもの | 会社設立から経営管理支援までワンストップのブルドッグウォータ法務・会計事務所

会社設立に必要なもの

会社設立に必要なものの準備はそれほど大変ではありません

会社設立に必要はものは、以下のとおりです。

ご覧のとおり、準備に時間がかかるものはありません。

注: 早く準備すると都合が悪い場合がありますので、現時点では確認のみ行い、実際の準備は弊所に依頼後、行なってください。

●印鑑証明書

発起人(出資者)が1通。

代表取締役または取締役が1通。

発起人と代表取締役または取締役を兼ねる場合は2通必要です。

注:印鑑証明書は、登記申請日から3ヶ月以内に発行されたもの。

●発起人の銀行口座

資本金を払い込む際に必要です。

発起人が複数名の場合は、どなたかお一人の口座で構いません。

●実印

発起人、代表取締役、取締役の個人の実印(印鑑証明書と同じ印影の印鑑)。

●法人用の印鑑

印鑑は一辺の長さが1センチメートル超、3センチメートル以内のものでなければなりません。

登記自体には1本用意すれば良いですが、実務上は銀行印、角印の3本準備した方が良いです。

注:登記予定の本店所在地に商号(会社名)が登記されていないことを法務局で調査した後に購入します。

なお、法務局での調査は、会社設立代行サービスに含まれております。

●出資法人の印鑑証明書、履歴事項全部証明書

発起人が法人の場合は、当該法人の印鑑証明書、履歴事項全部証明が必要となります。

上記は、登記申請日から3ヶ月以内に発行されたもの

会社設立準備チェックリスト

会社設立に必要なもの、設立にあたって決めないといけないことをまとめたチェックリストを用意しました。

会社設立のたたき台にご活用ください。