株式会社と合同会社の選び方 | 会社設立や法人設立なら、ブルドッグウォータ法務・会計事務所

株式会社と合同会社の選び方

法人・会社の基本概念を知る-目次
法人の種類
会社の種類
株式会社と合同会社の選び方
会社設立のメリットとデメリット
1.株式会社と株式会社の比較

株式会社や合同会社(LLC)の定義を説明するより、大きな違いを説明した方が分かりやすいと思いますので、以下、違いを説明します。
細かい違いは色々ありますが、多くの方にとって会社を設立する際に重要となってくるポイントを表にまとめました。

【株式会社と合同会社の比較】

  株式会社 合同会社
設立費用(実費) 定款印紙代4万円+定款認証費用5万2千円+登録免許税15万円
=計24万2千円
定款印紙代4万円+登録免許税6万
=計10万円
認知度 あり まだ、あまりない
商号 必ず「株式会社」を付ける 必ず「合同会社」を付ける
定款の自由度 小さい 大きい
出資者による決議の方法 多数決 全員一致
2.選び方

上記の比較表のうち、設立費用と認知度に注目して選ぶと良いでしょう。

まず、設立費用を抑えたいという方には、合同会社がお勧めです。株式会社より、約14万円安く会社を設立することが出来ます。
一方、取引上「合同会社」という名称よりも、「株式会社」の方がメリットがあるようでしたら、株式会社が良いでしょう。

上記のバランスで、よりメリットのある会社を選ぶのが良いでしょう。

例えば、店舗経営の場合は、お客様は株式会社か合同会社かで店を選ぶことはないでしょうから、合同会社という認知度にデメリットはないと思います。
しかし、法人取引が多い場合やインターネットでの通信販売などでは、取引先やお客様によっては「合同会社って聞きなれないな。大丈夫?」ということで、認知度が低いことによりデメリットがある可能性があります。

このように、設立費用と設立後の認知度の違いによる営業面での有利不利を検討してどちらにするか選ぶと良いでしょう。

なお、合同会社を設立後、株式会社に組織変更することも可能です。

変更登記のコストとしては、登録免許税が合計6万円(3万円+3万円)と、官報への掲載料が約4万円、専門家への依頼料が数万円から10万円程度です。