BWビジネス・プロセス・アウトソーシング| 会社設立や法人設立なら、ブルドッグウォータ法務・会計事務所

BWビジネス・プロセス・アウトソーシング

堅実な経営のための会計サービスです。

 

弊所ならではのアピールポイント

●会計、税務、労務、法務までワンストップ対応

●公認会計士事務所ならではの、幅広い分野での相談対応

●早くて正確な決算(全社統合基幹システム(ERP)を利用)

 

月額料金(税抜)

基本料金30,000円~50,000円+従量料金3,000円/人

 

「BWビジネス・プロセス・アウトソーシング」は、

●会計帳簿、決算書の作成

●リアルタイムに決算情報、決算書を取得

●給与明細、賃金台帳の作成

●会計・税務顧問

●全社統合基幹システム(ERP)

 ・販売管理

 ・購買管理

 ・決算会計管理

 ・財務管理

 ・旅費・経費精算管理

 ・資産管理

 ・人事管理など

が、パッケージ化されたワンストップサービスです。

※上記のほか、変更登記、労務関係の手続きなどスポットサービスございます。

給与計算代行のみのサービスもございます。

 

全国対応のサービスです。


経営管理業務は会社の台所を預かるとても重要な業務です。

我々にお任せ下さい。

(地主[ジヌシ])

知りたいことを選んでください【メニュー】
選んでよかったと思っていただける弊所のアピールポイント

多くの会計事務所がある中で、皆さんが弊所を選んでよかったと思っていただける、弊社のアピールポイントは、以下の3つです。

1.会計、税務、労務、法務までワンストップ対応

2.公認会計士事務所ならではの、幅広い分野での相談対応

3.早くて正確な決算(全社統合基幹システム(ERP)を利用)

 

1.会計、税務、労務、法務までワンストップ対応

会社で起きる出来事は、会計、税務といったどこか特定の分野だけを考えれば良いということではなく、横断的に検討しなければなりません。

ワンストップサービスは、皆さんにとっては、窓口がひとつになるというわかりやすい良さの他に、皆さんの会社にとって最適な方法を横断的に検討してもらえる良さがあります。

例: 増資をしたい場合

増資は、会計、税務、法務の分野で、以下のようにそれぞれ検討すべきことがあります。

・増資時の株価の決定に際しての税金(譲渡所得、贈与、法人税)。

・株式割合(株式引受人への付与割合)の決定に際しての株主の権利。

・株式引受人の決定に際しての相続税。

・増資後の資本金の額によって決まる、地方税、消費税、法人税。

・現物出資、デット・エクイティ・スワップ、剰余金の資本組み入れなどの増資の方法。

・上場を目指す、又は可能性を考えるのであれば、資本政策

これら、多方面から皆さんにとって適切なアドバイスを行います。

2.公認会計士事務所ならではの、幅広い分野での相談対応

会社の経営をしていると、会計、税務、法務、労務などの分野では簡単に括れず、誰に相談して良いかわからないことが良くあります。

このような場合に、分野にとらわれず、幅広く相談していただけます。

弊所にて対応できない場合でも、どのようなところに相談すればよいかの切り分けを行うことができます。

例: 香港進出を行う場合

・現地法人設立以外の方法でどのようなものがあるか。それぞれのメリット、デメリットを検討して自社にとってどの方法がよいか

・現地の税制、法律はどのようになっているか

・香港と日本の税制の関係において検討すべきことはあるか

・決済方法は、円建て、香港ドル建てどちらがよいか

3.早くて正確な決算(全社統合基幹システム(ERP)を利用)

早く、正確な決算数値を全社統合基幹システム(ERP)のツバイソERPを使用することで把握することができます。

早く、正確な決算数値の把握は、早く、精度の高い経営の意思決定に役立ち、堅実な経営を行うために大変重要です。

早く、正確な決算をするためには、通常かなりの手間とコストがかかりますが、ツバイソERPを使うことで手間とコストを減らすことができます。

【早く、正確な決算でできること】

・現時点の、会社の財政状態(資産、負債、純資産がいくらか。その構成は安全か)、経営成績(売上高、売上総利益、営業利益の金額と構成比率)の把握ができる。
・過去の月次トレンドと予算と実績の差異を早く把握することで、早く異常を発見し、早く是正対策を行うことができる。
・過去の経営成績という有用な実績値に基づいて、早く精度の高い将来予測を行うことができる。
・精度の高い将来予測に基づいて、投資計画(人材投資、マーケティング投資、設備投資、研究開発投資等)を立て、先手を打つことができる。
・納税額(法人税、住民税、事業税、消費税等)を早く予測し、効果的な節税対策を事前に行い、納税資金は、前もって手当することができる。
・取引先別の未回収残高、未払残高を早く把握し、それに基づく資金繰りを行うことができる。また、回収漏れ、過払いは早く把握し、対応することができる。
・必要なときに速やかに資金調達(融資)することができる。

ツバイソERPの特徴

BWビジネス・プロセス・アウトソーシングでは、経理、給与計算、顧問業務を行う際に、全社統合基幹システム(ERP)※としてツバイソERPを提供しております。

会社の経営管理のノウハウが詰まった全社統合基幹システム(ERP)販売管理購買管理旅費・経費精算管理などの機能を各従業員が直接使って業務を行うことができます。

そして、業務の過程で、都度、上記の業務データを入力することにより、全社及び部門の詳細な経営情報をリアルタイムに把握することができます。

●リアルタイム決算で素早く経営へフィードバック

見積書作成、請求書作成、債権回収管理、旅費・経費精算などの業務を全社統合基幹システム(ERP)で行い、弊所にて、給与計算や特殊な経理処理を行うことで、リアルタイムに決算情報を把握することができます。

月次推移表で、毎月の各項目の増減を把握することで、異常を発見し、経営に素早くフィードバックすることができます。

ERPソフトの「ツバイソ」

デモ用アカウントで実際に使ってみることもできます。

タイムカード機能もついています。

●タブレット端末、スマートフォン対応で場所を選ばず、便利

弊所の全社統合基幹システム(ERP)はクラウド型で、iPadやスマートフォンのインターフェースにも対応していますので、いつでもどこでも必要なときにアクセスできます。

営業などで外出の多い従業員には、経理処理のために会社に戻るという無駄がなくなるため、大変便利です。

●複数店舗、複数営業所での情報集約に便利

店舗や営業所が多い場合は、それぞれの情報を本社に集約することだけで、多くの時間を使います。

弊所の全社統合基幹システム(ERP)はクラウド型なので、各店舗、営業所が、自分に関係ある数値を入力することで自動的に全社に情報が統合され、コストダウンすることができます。

 

ツバイソのカタログ(PDF)はこちらからダウンロードできます。

ERPとは、Enterprise Resource Planningの略で、生産や販売、在庫、購買、物流、会計、人事/給与などの企業内のあらゆる経営資源(人員、物的資産、資金、情報)を有効活用しようとの観点から、これらを企業全体で統合的に管理し、最適に配置・配分することで効率的な経営活動を行っていこうという経営手法・コンセプトのことをいいます。

そして、この経営手法を実現するための情報システムをERPソフト(単にERP)と呼びます。

よくある質問と答え

Q: 領収書など「丸投げ」するだけで良いという会計事務所がありますが、貴所もそのようなサービスはあるのですか?

A: 「丸投げ」というサービス自体はありませんが、そもそも弊所のサービスは、「丸投げ」と同じ程度の作業なので、お客様の作業量は少なくてすみます。

「丸投げ」をする場合は、会計事務所に、以下の様な資料を作成して送ります。

・現金出納帳

・通帳のコピーに、入出金の相手、利用目的などのメモを記載したもの

・売掛金台帳

・買掛金台帳

・領収書に利用目的又は勘定科目を記載したもの

・賃金台帳

これらを元に、会計事務所は会計ソフトに「仕訳」を入力します。

「丸投げ」でない場合は、この仕訳のうち簡単なものを自社で入力します。

弊所では、見積書の作成、請求書の作成、給与計算(弊所で実施)などをツバイソERPで行なっていただくことで、自動的に作成される上記の資料を利用します。

したがって、日常業務をツバイソERPで行えば、「丸投げ」用資料を別途作る必要はありません。

また、仕訳も日常業務をツバイソERPで行うことで、自動的に作成され、現時点の決算数値をリアルタイムに見ることができます。

 

Q: 融資を受けたいのですが、金融機関を紹介してもらえますか?

 また、中小企業会計基準に準拠することで、借入利率を下げることができると聞きましたが、貴所は対応していますか?

A: 金融機関の担当者とのネットワークがありますので直接ご紹介することができます。

また、中小企業会計基準にも対応しています。

中小企業会計基準に準拠した決算書に、公認会計士・税理士が作成した「中小企業会計基準チェックリスト」を添付することで、銀行に対する与信力を上げ、さらに借入利率を下げることができます。

顧問先については、「中小企業会計基準チェックリスト」を作成しております。

 

Q: 税理士の書面添付をしてもらえば、税務調査がなくなると聞いたのですが、貴所では対応していますか?

A: 対応しています。

税理士の書面添付とは、税務調査の対象となりそうなポイントを事前に説明したり、経理レベルが高く、経理ミスによる追徴課税の可能性が低いことをアピールする制度上認められた書面で、税務調査を減らす一定の効果があります。

また、税理士の書面添付がある場合は、税務署は、税理士に意見聴取を行うことで疑問が解消できれば、税務調査が省略される場合もあります。

このように、一定の効果はありますが、税務調査がなくなるわけではありませんので、その点はご注意ください。

料金体系(税抜き)

●毎月のBWビジネス・プロセス・アウトソーシングの料金

BWビジネス・プロセス・アウトソーシング 月額料金

基本料金 30,000円(※)

従量料金 3,000円/人

※決算の頻度によって、以下の料金が加算されます。

年度決算:   +0円(決算1回あたりの費用:36万円)

半期決算:   +5,000円(決算1回あたりの費用:21万円)

四半期決算: +10,000円(決算1回あたりの費用:12万円)

月次決算:  +20,000円(決算1回あたりの費用:5万円)

詳細は、料金表がございますのでお問い合わせください。


●会計事務所のスポット業務費用

法人税・法人住民税・事業税申告書作成料(年1回)
売上高 1,000万円未満 100,000円
売上高 1,000万円以上 3,000万円未満 130,000円
売上高 3,000万円以上 5000万円未満 150,000円
売上高 5,000万円以上 1億円未満 180,000円
売上高 1億円以上 3億円未満 200,000円
売上高 3億円以上 別途お見積もり

その他の法定業務

年末調整・法定調書作成料(年1回)

30,000円

+2,000円/人

償却資産税申告書作成費用(年1回)

20,000円

(償却資産がない場合は不要)

消費税確定申告書作成料(年1回)

60,000円

(免税事業者は不要)


●BWビジネス・プロセス・アウトソーシング及び会計事務所の申告費用等の年間合計金額(目安)

年間合計金額(目安)
528,000円~

●初期費用(ツバイソERPの初期設定、最初2ヶ月間の月次決算、経理ルーチンの構築などの費用に当てております。)

選択された決算の頻度によって異なります。

年度決算:   40,000円

半期決算:   30,000円

四半期決算: 20,000円

月次決算:          0円

※お支払い方法は、当月分の月額料金を当月27日の口座振替による自動引き落としとなります。
※従量料金の対象となる人数は、代表取締役、取締役(報酬、経費精算のない名目取締役除く)、監査役(報酬、経費精算のない名目監査役除く)、正社員及びパート・アルバイトの合計としています。ただし、1週間あたりの平均労働時間が30時間未満の従業員は、0.5人とします。所得税法上、丙となる者(日雇い又は2ヶ月以内の雇用)のうち、日給9,300円未満で源泉徴収の必要ない者へ支払った場合で、給与計算を行なっていない者は、人数に含めません。

利用事例

ご参考までに一部の顧問先の紹介をしております。

《顧問先の紹介》

申込み方法

●事前の打ち合わせが必要となりますので、まずはお電話ください。

電話番号: 03-6912-8500

営業時間: 平日午前9時から午後6時まで

 

●営業時間外であれば、以下よりお問い合わせください。

業務提供地域

日本全国です。

クラウド型ERPのツバイソを使用することで、WEBブラウザで会計数字を同時に見ながら電話などのアドバイスができますので、安心です。遠いところでは、沖縄県から中国在住の顧客もおります。

あなたは「なんとかなる病」にかかっていませんか?(マンガ)

会社設立後の陥りがちな失敗例を分かりやすくマンガにしました。

お時間ある時に、お気軽にお読みください。

1ページ 2ページ 3ページ 4ページ