会社設立のメリットとデメリット | 会社設立や法人設立なら、みんなのオンライン会社設立

会社設立のメリットとデメリット

法人・会社の基本概念を知る-目次
法人の種類
会社の種類
株式会社と合同会社の選び方
会社設立のメリットとデメリット
1.会社設立のメリット

会社設立のメリットはいくつか考えられますが、以下の3点が大きなメリットといえるでしょう。

・節税しやすい
個人事業で青色申告であれば、会計事務所の顧問料を考えても、1000万円の所得があるのであれば、メリットがでてきます。白色申告であれば500万円程度の所得でメリットがでてきます。
これ以上の所得になればなるほど、税率の違いなどによる節税効果が大きくなります。

また、車、社宅、事業保険などを使った節税対策によっても節税効果を大きくすることができます。

さらに、個人事業主で消費税の課税事業者であった場合は、資本金を1千万円未満の会社を設立することで、免税事業者となれるメリットがあります。

・営業上の信用力を得られる
法人でなければ取引してもらえない場合や、法人の方が取引しやすい場合がビジネス上は多くあります。
もちろん、店舗経営などでは、法人と個人で違いはそれほどないでしょうから、皆さんのビジネス上、営業上の信用力が得られるのであればメリットといえます。

・従業員を雇用しやすい
従業員の立場から考えると、個人より法人の方が安心できるため、法人の方が一般的にはより幅広く、より優秀な人材を選ぶことができます。

その他、個人と異なり有限責任ですので、出資の範囲でしか債務の責任を負う必要がないこと、代表者が亡くなっても法人は継続しやすいというようなメリットもあります。

2.会社設立のデメリット

会社設立のデメリットは、事務処理が増え、これに伴うコストが係ることです。


法人は、個人と異なり、様々な法律の制約を受け、一定の事務処理が行えて当然という前提で取り扱われます。

分かりやすいところでは、決算、確定申告でしょう。
個人とは比べものにならないくらい、分量が多いですし、すべての書類が1円単位まで整合していなければなりません。また、書類作成に幅広い専門知識が必要となります。

上記のように、多くの書類作成と専門知識が必要なため、会計事務所などの専門家のサポートなく会社運営は難しく、その費用が必要となってきます。