法定監査 | 会社設立から経営管理支援までワンストップのブルドッグウォータ法務・会計事務所

法定監査

公認会計士による法定監査

公認会計士は、財務書類の信頼性を保証するため、監査を行なって、監査報告書を作成することができます。

例えば、上場企業、資本金5億円位以上または負債200億円以上の大会社、国から助成金を受けている私立学校などは、財務書類の内容次第で関係者の利害に大きな影響を与えます。

そこで、利害関係者のために、財務書類の信頼性について、会計と監査に関する高度な専門性と独立した第三者という立場を持った者による保証が必要となります。

この、会計と監査に関する高度な専門性と独立した第三者としての立場が法律上認められているのが公認会計士で、上記の財務書類を始め、様々な場面で、公認会計士による監査が求められる場合があります。

このように、法律上義務付けられている公認会計士の監査を法定監査と言います。

弊所は、公認会計士事務所として、法定監査業務を行うことが可能です。